コラーゲンと美肌レシピ

 

 コラーゲンはお肌の70%を占める

コラーゲンの効果、効能は美しい潤いある肌を保つためには極めて重要なものです。
なぜなら、お肌の70%がコラーゲンからできているからです。この効果が薄れてくると
コラーゲンが衰えた証拠であり、その変化がはっきりとお肌に現れてきます。
美肌を保つスキンケアと食べるコラーゲンの摂取が必要不可欠になります。

体内では常に新陳代謝を繰り返していますが、40代と10代後半のコラーゲン
新陳代謝速度は倍以上もの差があり、とても新陳代謝ではおいつきません。
さらに加齢とともにコラーゲンも減少し効果も薄れていきますので、美しいお肌のため
には体の内側からコラーゲンを補うことは必須です!

お肌のコラーゲンの効果は非常に重要で、不足すると保湿が悪く皮膚が固くなり
肌のみずみずしさもなくなり、シミやシワ、たるみといった肌の衰えが徐々に
高まってきてしまいます。

お肌にはビタミンCが良いとされていますが、コラーゲンと一緒に摂ると美肌に
する効果を倍増してくれます。
また、コラーゲンはたんぱく質なので、他に不足しているたんぱく質があるとそちらに優先
され効果が薄れてしまいますので、日頃からなたんぱく質をとることも重要です。
コラーゲンたっぷりの豚や鶏のラーメンやつけ麺にはもちろんコラーゲンもたっぷりですが脂質もたっぷりです。そこで野菜の食物繊維も必要になりますし、ビタミンも必要です。料理で補えない成分はサプリメントで考えてみるのも効果的です。



 コラーゲン効果の仕組み

コラーゲンの効果が薄れてくると、肌に弾力性が無くなり、たるみとシワやシミの増加
さらに地肌はかさかさに荒れてきます。
なぜこのような事が起こるのかというと・・・

皮膚というのは、表面から

【表皮】→【真皮】→【皮下組織】

の3層構造になっています。
そのいちばん表にある表皮をさらに拡大して見てみると

【角質層】→【透明層】→【顆粒層】→【有棘層】→【基底層】

の5重構造になっています。
普段自分達が見ていてきれいな肌と感じるのはこの一番外側にある
【角質層】を見ているという事になります。

この表皮の5層構造は、いちばん下の基底層で生み出された細胞が表へ表へと押し出されて
いく中でできた構造なので、いちばん外側にある角質層はほとんどアカ(垢)となって落ちて
いきます。
その角質層にできるだけ新しい細胞のあること、また十分に水分(保湿)を保っている状態で
あることが、肌をみずみずしく・美しく見せる秘訣です。



 真皮層がとても大切

スキンケアには保湿が大事だからといって、水のままお肌に水分を与えてもすぐに蒸発して
しまいます。角質層には体内から水分が補給されていますが、皮脂線からも脂質が分泌され
これと混ぜ合わせてある程度の保湿を保つようになっています。

しかし、コラーゲンの効果が衰えると、水分の補給も皮脂の分泌も衰え、お肌の水分量も
減ってきてしまいます。 そこで人工的な化粧品などがあるわけですが、どのような高価な
化粧品でも作用するのは角質層までで、とても真皮層にまでは作用しないのです。

コラーゲン効果を実感させるには、真皮層の若さと弾力性を増すことにあるのです。
若く活発であることが角質層にできるだけ新しい細胞を送り出すことに繋がり
真皮層の弾力性は=お肌の弾力性となります。

ですので、内側からコラーゲンを摂ってあげましょう。






Copyright(c) コラーゲンと美肌レシピ All Rights Reserved.